経営者に簿記の知識は重要なのか?

会社を経営する上で絶対に避けて通れないのが確定申告なのですが、

その確定申告で必要になるのが簿記の知識です。

個人経営でそれほど多くの売り上げを上げていないのであれば、簡易簿記でも問題はないのですが、法人経営である程度の売り上げを上げているのであれば、複式簿記にした方が圧倒的に有利です。
なぜなら簡易簿記では10万円の控除しか受けられないのですが、複式簿記であれば65万円の控除を受けられるからです。この簿記に関することも経営コンサルティング会社で相談すると、詳しく教えてくれるのかというと、経営コンサルティング会社の担当者によって変わってきます。

なぜなら経営コンサルティングの中にも、簿記に関して詳しい人と、あまり詳しくない人がいるからです。

経営コンサルティング会社を立ち上げる場合や、他の職種で起業する場合には、簿記の知識は不可欠と言われているものの、実際には簿記の知識がなければ、会計士や税理士に頼むという方法も取れるので、必ずしも簿記の知識がなければ起業できないという訳ではありません。