会社設立にあたって、インターネットに繋ぐ環境は必ず必要なのか?

IT社会の経営者のイメージ

近年ではどのような会社でもパソコンを利用し、インターネットに繋ぐ環境が

整っているのですが、経営コンサルティング会社を設立して活躍するためには、インターネットに繋ぐ環境が整っていないとできないのでしょうか。結論から言えば、インターネットに繋ぐ環境が整っていなくても、経営コンサルティング会社を設立して活躍することは可能です。
ただし、現在ではインターネットを利用する場合や、パソコンを利用して説明するような場合も多くなっているので、やはりインターネットに繋ぐ環境が整っていた方が便利であることはいうまでもありません。インターネットに繋ぐ環境が整っていれば、勉強や情報収集も行いやすくなります。
しかし、自分はパソコンが苦手だからと言って、実際に一切インターネットに繋ぐ環境が整っていない状態で起業し、成功している経営コンサルティング会社もありますし、別の職種でも一切インターネットもパソコンも使っていないという会社も存在していることから、必須条件という訳ではありません。

売り上げが伸びない原因は営業方法にある?

不景気な時代が長続きしている現代では、企業の業績が伸びないという相談を経営コンサルティング会社に寄せる経営者も多くなっているのですが、なぜ売り上げが伸びないのかというと、営業方法に問題があるからです。大半の企業は景気がよい時に立ち上げているので、景気がよい時の方法で営業を行っています。
景気がよければあまり営業能力がない会社であっても売り上げを伸ばすことは可能なのですが、不景気な時ではそうはいきません。不景気な時代では、不景気を乗り切るための営業を行わないと、結果を残すことはできないというアドバイスをする経営コンサルティングも多くなっています。

特に日本企業は昔からの付き合いを大切にする

ので、新たに顧客の開拓をするということが始めのうちはできずにいたため、バブルが崩壊した直後には多くの企業が倒産したり、吸収合併したりしました。しかし、新規に顧客を獲得することは、不景気な時代では必要不可欠なので、よりよい取引先を探す努力が必要になるのです。