まずは集客力を身につける

起業を決意した時に経営コンサルティング会社へ相談に来る多くの人

は、どのように集客するべきかという悩みを持っている人が多くなっています。どのような仕事であっても、まずは集客率を上げることが重要になるからです。集客率が望めなければ、どのような会社を立ち上げても成功することはありません。

商売の情景

特に個人で飲食店や商店を行いたいと考えている人

は、製造業やIT業界などに比べて更に集客が大切になってくるのですが、経営コンサルティング会社の中にも得意な分野とあまり得意でない分野があるので、しっかりと情報収集を行い、集客を行うシステム構築が得意な経営コンサルティング会社を選ぶことが大切です。
集客の方法としては、良い商品を取り扱う、宣伝を効率的に行うことの2点が大切で、良い商品を取り扱っていれば、自然と口コミで広がっていきますし、宣伝は魅力的な文章とインパクトがあって好感が持てるイラストが大切です。また、宣伝にはあまりお金をかけずに行うことも、起業をしたばかりの時には重要です。

紹介がない場合の対処法

人材派遣会社に登録をしても、全く紹介がないという可能性もあります

が、その場合には何もしないで待っているのではなく、こちらから紹介の件についてですがなどと問い合わせてみる必要があります。問い合わせをする目安は、大体10日から2週間とするべきであり、この期間を過ぎても全く紹介がなく、連絡もないようであれば、必ず問い合わせを行いましょう。

問い合わせても現在探している最中だと言われることが多い

と思いますが、連絡をしてから更に1週間経っても紹介がないのであれば、再び問い合わせを行いましょう。この時に前回と同じ答えだった場合には、登録した人材派遣会社は信頼できないか、仕事を探すことができるだけの能力とノウハウを持っていないということなので、別の人材派遣会社に登録するべきです。
人材派遣会社によって転職支援の方法も異なってきますし、人脈などもかなり変わってくるので、紹介がないのにいつまでも同じ人材派遣会社に登録していても意味がありません。よって登録を削除してもらい、別の人材派遣会社を利用した方が効率的です。

紹介が重なった場合の対処法

多くの人は1つの人材派遣会社にのみ登録しているでしょうが、人によっては複数の人材派遣会社に登録していることもあるでしょう。複数の人材派遣会社に登録している場合、紹介が重なってしまう場合もあるでしょうが、このような時にはどのように対処するのがよいのでしょうか。

まだ双方とも面談をしていない、受けるか断るかの返事をしていない

のであれば、よく比較して条件のよい方を選べば問題ありませんが、どちらか片方の派遣先ですでに決まってしまった場合には、やはり条件がよくても後から紹介された方を断るべきでしょう。待遇がかなり違っていて、後から紹介された方が圧倒的によい場合には、しっかりと事情を説明して断り、最後に謝罪することが大切です。
ただし、基本的には既に決まっているのに断るようなことをすると、人材派遣会社の信用も失ってしまうことになり、適切な転職支援を受けられなくなってしまう場合もあるので、できる限りもう決まっているのであれば、断らないようにするべきでしょう。

会社設立にあたって、インターネットに繋ぐ環境は必ず必要なのか?

近年ではどのような会社でもパソコンを利用し、インターネットに繋ぐ環境が

整っているのですが、経営コンサルティング会社を設立して活躍するためには、インターネットに繋ぐ環境が整っていないとできないのでしょうか。結論から言えば、インターネットに繋ぐ環境が整っていなくても、経営コンサルティング会社を設立して活躍することは可能です。
ただし、現在ではインターネットを利用する場合や、パソコンを利用して説明するような場合も多くなっているので、やはりインターネットに繋ぐ環境が整っていた方が便利であることはいうまでもありません。インターネットに繋ぐ環境が整っていれば、勉強や情報収集も行いやすくなります。
しかし、自分はパソコンが苦手だからと言って、実際に一切インターネットに繋ぐ環境が整っていない状態で起業し、成功している経営コンサルティング会社もありますし、別の職種でも一切インターネットもパソコンも使っていないという会社も存在していることから、必須条件という訳ではありません。

売り上げが伸びない原因は営業方法にある?

不景気な時代が長続きしている現代では、企業の業績が伸びないという相談を経営コンサルティング会社に寄せる経営者も多くなっているのですが、なぜ売り上げが伸びないのかというと、営業方法に問題があるからです。大半の企業は景気がよい時に立ち上げているので、景気がよい時の方法で営業を行っています。
景気がよければあまり営業能力がない会社であっても売り上げを伸ばすことは可能なのですが、不景気な時ではそうはいきません。不景気な時代では、不景気を乗り切るための営業を行わないと、結果を残すことはできないというアドバイスをする経営コンサルティングも多くなっています。

特に日本企業は昔からの付き合いを大切にする

ので、新たに顧客の開拓をするということが始めのうちはできずにいたため、バブルが崩壊した直後には多くの企業が倒産したり、吸収合併したりしました。しかし、新規に顧客を獲得することは、不景気な時代では必要不可欠なので、よりよい取引先を探す努力が必要になるのです。

経営者に簿記の知識は重要なのか?

会社を経営する上で絶対に避けて通れないのが確定申告なのですが、

その確定申告で必要になるのが簿記の知識です。

個人経営でそれほど多くの売り上げを上げていないのであれば、簡易簿記でも問題はないのですが、法人経営である程度の売り上げを上げているのであれば、複式簿記にした方が圧倒的に有利です。
なぜなら簡易簿記では10万円の控除しか受けられないのですが、複式簿記であれば65万円の控除を受けられるからです。この簿記に関することも経営コンサルティング会社で相談すると、詳しく教えてくれるのかというと、経営コンサルティング会社の担当者によって変わってきます。

なぜなら経営コンサルティングの中にも、簿記に関して詳しい人と、あまり詳しくない人がいるからです。

経営コンサルティング会社を立ち上げる場合や、他の職種で起業する場合には、簿記の知識は不可欠と言われているものの、実際には簿記の知識がなければ、会計士や税理士に頼むという方法も取れるので、必ずしも簿記の知識がなければ起業できないという訳ではありません。

始めまして、パパークサーです

このブログに遊びに来ていただいてありがとうございます。パパークサーと申します。わたくしの関心ごとである経済や経営、できたら趣味のITや医療のことなんかも発信していきたいです。

業界の隅々まで、赤裸々に明かしますので、乞うご期待!!